ドクター

インナーが目立ちにくいスクラブはミズノがおすすめ

最新のメディカルウェア

病院

ナース服のボタンもネック

医療用ユニフォームは現在ナース服からスクラブに移行しています。患者さんにもお馴染みのナース服は、実は着る側の人間にとってデメリットが少なくありませんでした。洗濯しにくくクリーニングも必要なので衛生管理も大変ですし、特にボタンがネックになっていました。ボタンがあると脱ぎ着する時も苦労しますし、お仕事中患者さんの髪の毛などがボタンに絡まって慌ててしまうことも少なくありません。日本でもここ数年ボタンもなくTシャツ感覚で手軽に着られるスクラブが大変人気になっていますが、欧米では20年以上前から医療用ユニフォームとして既にスクラブが主流になっていました。ワンピース型のナース服だと屈んだ時に下着が見えないよう、配慮しなければなりません。パンツスタイルのスクラブならどんな動きをしても気を使わなくて済むので、特に女性の医療関係者から好評です。

ケーシー白衣との違い

医療用ユニフォームはスクラブのようにパンツスタイルのものが主流になっています。パンツスタイルのドクターウェアはスクラブの他にケーシーも有名です。スクラブとケーシーはどちらもパンツスタイルの医療用ユニフォームですが、トップスの特徴が違います。元々床屋さんのユニフォームとして登場したケーシーは、首部分がタートルネックのようになっているのが特徴的です。アメリカのテレビドラマ「ベン・ケーシー」でお医者さんがこの白衣を着ていたので、ケーシー白衣と呼ばれるようになりました。一方、元々手術着として誕生したスクラブは、首元がVネックになっているのが最大の特徴です。ごしごし洗う、と言う意味で、強く擦り洗いをしても傷みにくい生地が採用されています。価格も安く手軽に洗えるため、エステや介護現場など医療現場以外でも重宝されています。